対馬のすみれと植物の記録写真

国境の島「対馬」の植物を定期的に載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シマカンギク

 晩秋になると、野外に咲く花のほとんどはキク科である。
今日は佐護に行ってみた。
海岸沿いの道路脇にはシマカンギクが群生していた。他にアワコガネギク、ツワブキ、ノコンギク、ヤマジノギク、シロバナセンダングサ、ヒメジョオン、ヨメナ、カラノアザミ、セイタカアワダチソウなど確認できた。今年の収穫の一つに、シマカンギクとアワコガネギクとの見分け方の習得がある。 
simakanngiku06169.jpg

 アワコガネギクと本種の見分け方の一つに、総包片の違いがある。本種の総包片は幅が広くドングリ型である。
simakangiku06171.jpg


 【オカメザサ】これも佐護で見つけた。稈(茎)は日の当たるところは暗紫色になる。庭木に使われるらしい。日本で一番小さい竹。
okamezasa06149.jpg
  1. 2008/11/24(月) 00:28:14|
  2. 植物
  3. | コメント:0
<<アカガエル | ホーム | ノミノフスマ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

komikomi

Author:komikomi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。