対馬のすみれと植物の記録写真

国境の島「対馬」の植物を定期的に載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっと終わった

今年の夏、植物の先生と3日間対馬のシダ採集を行った。そのとき撮影した写真の整理がようやく終わった。約40種新たに追加し、全部で80種まとめることができた。ぼちぼち標本作りに挑戦しようかなと考えている。

【ヤマヤブソテツ】山中に生える。小羽片の先端は鋸歯がある。また小羽片は葯10対ある。
yamayabusotetu01364.jpg

【フユノハナワラビ】肥沃な山中でよく見かけるが、コケの生えた庭で見つけた。栄養葉と胞子葉ははっきりと分かれているのでわかりやすい。
huyunohanawarabi01393.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/11/30(月) 00:04:35|
  2. 植物
  3. | コメント:0

タデ類4

【ヤナギタデ】田んぼ近くに生える。噛むと非常に辛いのでホンタデとも言う。花穂は花が密集し重いせいかぶら下がる。 今がちょうどが旬である。
DSC01278.jpg
【ヤノネグサ】葉が矢のいじりに似ていることからこの名がつく。もう葉は色づき、終わりかけている。
DSC01342.jpg

  1. 2009/11/09(月) 06:52:54|
  2. 植物
  3. | コメント:0

10月も終わり

早いもので10月も終わりだ。いよいよ晩秋へと向かう。
【アケボノシュスラン】久しぶりに阿須の山中へ入ってみた。なんとアケボノシュスランがあった。私にとって初めてお目にかかるしろものだ。写真は花期の終わった株だが、つぼみのものもありもう少し楽しめそうだ。
アケボノシュスラン01252
【センブリ】久田の日当たりのよい荒れ地に群生して咲いていた。リンドウの仲間であるが、白っぽく小さいので清楚な感じがする。
センブリ01225
【タンナサワフタギ】以前、上見坂のサワフタギ類について以前載せたが、再度確認をしてみた。青色っぽい果実ができるのでサワフタギではないかと書いたが、完全に熟すると黒くなった。正確には濃紺かかった黒色である。すりつぶすと淡紺色の汁が出る。鳥が糞として落としているのをよく見る。
この件に関しては、タンナサワフタギとして一応落ち着かせたい。
タンナサワフタギ01254
  1. 2009/11/01(日) 23:06:23|
  2. 植物
  3. | コメント:0

タデ類3

タデは秋、といっても葉は枯れ始めている。早く撮らないとと焦っているところである。
【イタドリ】 若葉は食用にできると言うが、食べたことがない。川岸や湿地・日陰などで見かける大型種。雄雌異株で写真は雄株である。
イタドリ01173
【イヌタデ】どこでも見かけるタデ類。タデ食うムシも好きずき、ということわざがあるが、辛みがないのでイヌタデの名がついている。
イヌタデ01237
  1. 2009/11/01(日) 21:53:43|
  2. 植物
  3. | コメント:0

プロフィール

komikomi

Author:komikomi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。