対馬のすみれと植物の記録写真

国境の島「対馬」の植物を定期的に載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コミヤマスミレ

久しぶりに佐護に行ってみた。

【コミヤマスミレ】今年はシロコスミレを見に行ってないので、コミヤマぐらいは見とかないとと思い、現地に行ってみた。四輪ぐらい咲いていた。ここは滅多に光が差さないので撮影が難しいが、幸いなことに木漏れ日が差しており初めて明るい写真が撮れた。
コミヤマ08219

【ケグワ】峰の総合公園脇にケグワがある。何せ登ることもできない崖の上にあるから、近くで見ることができなかった。飼所で二つめを探すことができた。葉や若枝には微毛が密生している。また果実も長くて大きい。
ケグワ08230

スポンサーサイト
  1. 2009/05/06(水) 22:16:11|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

フモトスミレ

間に合うかなと思いながらも内山の高山に登ってみた。

【フモトスミレ】どうにか間に合った。もうほとんど花期の終盤であった。葉はほぼ楕円状で小さめであるが、フイリシハイスミレの葉とそっくりである。
humoto08137.jpg
  1. 2009/05/06(水) 10:40:17|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

不明

内山周辺の高山に登った。途中知らないものを見つけた。

【不明1】伐採あとの日当たりのよい斜面で見つけたスゲ。茎や葉は直立はあまりせず、地面をはうような感じである。
DSC08081.jpg

雌鱗片の長さは果胞の約半分である。先端は雄小穂である。
DSC08079.jpg

雌小穂は茎から出るものと、根付近から長い柄を持って出るものがあり、これには雄小穂はついてない。
DSC08085.jpg

【モチノキ】薄暗い山中で、地面に花びらが落ちていたので、見上げてみると大木に小さな花がびっしり咲いていた。登ることもできず望遠でどうにか写真を撮ってみたが、わかりづらい。
DSC08146.jpg

合弁花の4裂の花びらのように見えるが、離弁花である。白嶽には群生している。
DSC08153.jpg

【不明3】タツナミソウの仲間であるが、葉に特徴がある。表は濃い緑、裏は濃い赤紫色。葉脈に沿って溝はあるが、アツバタツナミソウほどでもない。
tatu08068.jpg

tatu08069.jpg

誰かご教示を。
  1. 2009/05/06(水) 10:35:57|
  2. 植物
  3. | コメント:0

ツシマジカ

【タンナサワフタギ】この花についてS先生のアドバイスもあり今年わかったこと、それはつぼみの状態が3週間は続くことである。何の花かと3週間待った。クロバイと同じハイノキ科である。
タンナサワフタギ08018

上見坂を夕方登ってみた。

【ツシマジカ】最近、イノシシに話題をさらわれ地味になっているが、山に入ればよく見かける。動く気配がなかったので撮ってみた。
ツシマジカ08044
  1. 2009/05/03(日) 19:36:51|
  2. 動物
  3. | コメント:0

プロフィール

komikomi

Author:komikomi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。