対馬のすみれと植物の記録写真

国境の島「対馬」の植物を定期的に載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

満開

対馬のすみれはあと数種を残すのみでほとんど満開状態である。ヤマザクラに負けず今が見頃である。
【シハイスミレ】濃い赤紫色のシハイで鮮やかである。
シハイ00293

【シロコスミレ】朝鮮半島系のすみれの1つであるが、土着なのか持ち込まれたものなのか渦中のすみれである。どういうわけか、自宅の庭に咲いていた。どこから入り込んだかわからない。最大自生地は佐護である。
シロコスミレ00251
【タチツボスミレ】紫条のはっきりしたタチツボを探した。
タチツボ00152
【ナンザンスミレ】いい色を出せないのが残念である。
ナンザン00316
【ニオイタチツボスミレ】美津島町や厳原町の山地に多い。甘いにおいがする。
ニオイタチツボ00137

【ニョイスミレ】ツボスミレともいう。湿地に多い。このすみれは4月から咲き始めるが、今咲くとは珍しい。5月過ぎまで咲いている。
ツボ00362
【コスミレ】唇弁に紫条が薄く残る以外はほとんど白である。完全な白花とはいえない。
コスミレ00354
スポンサーサイト
  1. 2009/03/30(月) 00:09:55|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

不思議な橋

【赤島橋】豊玉町の横浦から見える白い橋。赤島橋ではないかと思い、何回も確認にいったが、後ろに浮かんでいる島を見つけることができない。長い間謎であったが、地域の方に訪ねてみるとやはり赤島橋らしい。今でも後ろの島が謎である。
あかしま06937
  1. 2009/03/21(土) 21:47:17|
  2. 風景
  3. | コメント:0

【ツシマヤマネコ】の糞。この冬4個の糞を久田で見つけた。
くた07329
  1. 2009/03/21(土) 21:34:08|
  2. 動物
  3. | コメント:0

ヤブツバキ

【ヤブツバキ】飽きもせずまたヤブツバキ。権現山のヤブツバキには、大型で花びらが開ききったものがある。
ヤブツバキ07425
【シロバナタンポポ】セイヨウタンポポが一気に咲き始めた。その中に1株だけシロバナタンポポが咲いていた。
シロバナタンポポ07359
【カタバミ】カタバミは1年中咲いているような気がする。
カタバミ07353
  1. 2009/03/21(土) 21:30:08|
  2. 植物
  3. | コメント:0

続々と

もうすぐ4月です。すみれは3月中にはほとんどの種類が花を咲かせます。林道でも車から降りて歩けば、すぐ数種類見つけることができる。

【スミレ】花はやや大型となる。葉柄に翼が出るのが特徴である。
スミレ07342
【シハイスミレ】小型から中型の花である。明るいピンク色が一番の特徴である。たまにいい香りがする株がある。
シハイ07453
【コスミレ】バランスのいい花を見つけた。
コスミレ07434
【ヒメスミレ】島外から入り込んだすみれの1つ。葉は長二等辺三角形で、裏は紫色、花は小型。街中で見つけたが、公園等でも探せる。
アカネ07414
  1. 2009/03/21(土) 21:25:09|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

くるす

小鹿と仁田ダムの間をくるすという。ここは昼間でも薄暗いので撮影が難しい。
【タチツボスミレ】
タチツボ00119
【ナンザン】ここのナンザンの特徴は、花びらの外側が濃い赤紫色をしているが内側が白い点である。
ナンザン00114
内側は白い。
ナンザン00080

  1. 2009/03/20(金) 23:48:06|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

セントソウ

【セントソウ】薄暗い林内で見かける。セリ科の仲間で草丈は5cmぐらいである。
セントウソウ00083
【ツシマスゲ】もうツシマスゲの花が咲いていた。
ツシマスゲ00157
雌花である
ツシマスゲ00168
雄花である。
ツシマスゲ00170
【ヒトリシズカ】明日か明後日にはきれいに咲いているだろう。
ヒトリシズカ00093

【ヤマナシ】ヤマザクラより、花の密度が高く、より白い花を咲かせる。
ヤマナシ00062

ヤマザクラもヤマナシもスモモも花柄が長いので違いを調べてみた。桜は托葉がある。ヤマナシは葉と花が同じところから密集して出てくる。
ヤマナシ00063

  1. 2009/03/20(金) 23:38:17|
  2. 植物
  3. | コメント:0

アカネスミレ

【アカネスミレ】アカネスミレをみて初めて春が来たなと感じる。今年は例年より1週間早いようだ。葉は内側に巻き込むが、広げると丸くて先端がとがる。全体的に毛が多い。対馬では、多いすみれではない。
アカネ00127
  1. 2009/03/19(木) 20:48:52|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

千俵蒔山

仁田から佐護、そして千俵蒔山のすみれを並べてみました。

【コスミレ】コスミレ特集を続けます。鮮やかなコスミレ
コスミレ00007
【コスミレ】上の写真とおなじ場所に咲いていた。
コスミレ00199

【タチツボスミレ】タチツボもコスミレと同じように、花の色の変化が多い。タチツボの花は、青みが強く唇弁の紫状がはっきりし、花弁の幅が広いのが見栄えがいい。
タチツボ00215
【タチツボ】紫色かかった花。
タチツボ00294
【タチツボ】わかりづらいが、淡いピンク色である。これもなかなかいい。
タチツボ00264

【ナンザンスミレ】ここのナンザンは真っ白である。
ナンザン00237

【野焼き】最近、野焼きをするようになったと聞いている。これで春の野草も元気になるだろうと期待している。特にニオイタチツボスミレに期待している。約20年ぐらい前までは小径に咲いていたが、次第に見なくなっていたからである。
野焼き00005

  1. 2009/03/16(月) 05:37:57|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

オガタマノキ

【オガタマノキ】この木は高木になり、花を直接触ることが難しい。モクレン科の仲間で珍しい。今年こそは、マクロで撮ろうと思っていたができなかった。
オガタマノキ00075
花弁の散った後の花床である。
オガタマノキ00081

【モモ】日当たりのよい山中に生えるヤマモモ。中国原産といわれるが、山の中にも生えているので、ホントかなと思う。
モモ00144

【ヤブツバキ】花は細長く、小ぶりのヤブツバキである。
ヤブツバキ00105

【ヤマザクラ】仁田の道路沿いではすでに満開であった。南が早いとは限らないようだ。
ヤマザクラ00170
  1. 2009/03/16(月) 01:44:46|
  2. 植物
  3. | コメント:0

ナンザンスミレ

【ナンザンスミレ】昼休みに、ちょっと外に出てみた。1株だけ花が咲いているナンザンを見つけた。ほどよいピンク色である。もっと濃い色を探すのは大変である。
ナンザン00149

【ノジスミレ】庭先、野路、荒れ地などで見かけるすみれである。対馬ではまばらにしか自生してない。葉が内側に巻き込むのが特徴である。
ノジ00088
  1. 2009/03/10(火) 22:18:34|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

オオタチツボ

【オオタチツボ】天気がいいときのオオタチツボを是非撮りたく、行ってきた。
オオタチツボ00119

【コスミレ】コスミは花の色の変化が非常に多彩で、おもしろい。写真でうまく表現できないのが残念である。
コスミレ00061

【コスミレ】少し暗いか。
コスミレ00116

【コスミレ】ほぼ白い花であるが、距が紫色である。
コスミレ00161

【コスミレ】コスミレは花の色が多彩であるが、葉も変化が多く、紛らわしい。葉の表、裏ともに無毛から多毛まであり、同一種とは思えないほどである。また時期によっても変わる。
コスミレ00147
  1. 2009/03/08(日) 20:28:05|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

矢立山

アオイスミレを探しに矢立山の林道を通ってみた。全く収穫なしであった。

【ヒサカキ】他の山ではすでに早くからヒサカキは花をつけていた。ここはようやく咲き始めていている。やはり高い山だからか。 ピンク色かかるものもある。榊の代用として使われている。
ヒサカキ00088

【ナワシログミ】4~5月頃果実ができるはずなのに、今頃できてるとは?
ナワシログミ00077

【ツルウメモドキ】果実の殻だけが三裂し残っている。
ツルウメモドキ00080

【コショウノキ】冬山中にはいると、白い花をした低木のコショウノキに出会う。グミもそうだが、花びらのように見えているのは実はガクであり、合弁花でなく離弁花として扱われている。ややこしい。
コショウノキ00068

【イヌガシ】先日、イヌガシの雌花を載せた。今回は雄花である。黄色が葯である。
イヌガシ00073
  1. 2009/03/08(日) 20:14:40|
  2. 植物
  3. | コメント:0

【ツシマヤマネコの糞】長らくヤマネコの糞を見なかったが、久しぶりに見つけた。家猫ではないと思う。少しほっとした。意外とツシマヤマネコは道路沿いに糞をする。

ふん00179
  1. 2009/03/08(日) 19:56:54|
  2. 動物
  3. | コメント:0

イヌガシ

 山中ではにわかに花の種類も増えてきた。じっくり見ていかないと、見逃してしまいそうだ。

【イヌガシ】山中に生え、暗赤色の花をつける。雌雄異株で写真は雌花。
DSC07216.jpg

【ダンコウバイ】山中、海岸線に生える。葉の出る前に花が咲く。
DSC07202.jpg

【タイミンタチバナ】雌雄異株。城山の山中でよく見かけるが、海岸線でも見かける。写真はまだつぼみである。
DSC07174.jpg

【クロキ】樹皮が黒いからクロキである。しかし若枝は黒緑である。
DSC00064.jpg
  1. 2009/03/01(日) 22:35:32|
  2. 植物
  3. | コメント:0

プロフィール

komikomi

Author:komikomi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。