対馬のすみれと植物の記録写真

国境の島「対馬」の植物を定期的に載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツシマヒョウタンボク

【ツシマヒョウタンボク】K先生より教えてもらい、上まで行ってきました。透き通るようなピンク色がすばらしい。
DSC00158.jpg

【ゲンカイツツジ】ゲンカイが咲けば引っ越しの季節だ。ちょっと早い気もするが、上対馬ですでに咲いていた。
ゲンカイ00190

【タチツボスミレ】田のオオタチツボを見に行ったが、まだであった。帰り道のタチツボである。
タチツボ00211


【ツシマスゲ】ツシマスゲは道路沿いに生えている。図鑑にもあまり載ってないので大変だ。
ツシマスゲ00090
スポンサーサイト
  1. 2009/02/28(土) 20:47:26|
  2. 植物
  3. | コメント:0

オオタチツボスミレ

【オオタチツボスミレ】夕方、豊玉の落土にオオタチツボを見に行った。案の定、咲いていた。ここのオオタチツボは花びらの幅が広く、しかも大型で豪華な花に見える。しかし土砂等に埋もれ株の数が減っているのが気になる。今度は昼に行き、きれいな写真を撮りたい。
オオタチツボ07112
  1. 2009/02/24(火) 23:13:09|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

ヤマネコノメソウ

【ヤマネコノメソウ】湿気があり、あまりの日のあたらいところに生えている。山中にはいると結構よく見る。葉の裏の表皮ははがれやすいので、気孔観察には最適かもしれない。
ヤマネコノメ07073

【コツクシサワゴケ】きれいな水がしみ出るところや渓流地に生える。が球状になるのが特徴的で、絵になる。
コツクシサワゴケ07065

【キジムシロ】非常に早いキジムシロである。
キジムシロ07102
  1. 2009/02/23(月) 21:05:58|
  2. 植物
  3. | コメント:0

白嶽

 土曜日に、職場の有志で白嶽に登った。最高の天気であったが、韓国、壱岐は見えなかった。<洲藻より撮影>
DSC07042.jpg
  1. 2009/02/23(月) 20:39:59|
  2. 風景
  3. | コメント:0

不明

【ツシマスベトカゲ】これは対馬にしかいない爬虫類ではないかと思うが、はっきりしない。10cmぐらいの大きさであった。寒いせいかあまり動こうとしない。<投稿により、これはツシマスベトカゲとわかった。ありがとうございました。>
DSC07017.jpg
  1. 2009/02/17(火) 00:09:43|
  2. 動物
  3. | コメント:0

白嶽

【白嶽】白嶽は見る方角により、姿を変える。これは日掛の方向から見た姿である。この日は少し黄砂がかかっていた。残念。

DSC07025.jpg
  1. 2009/02/17(火) 00:06:16|
  2. 風景
  3. | コメント:0

オモト

【オモト】鮮やかで、大きな粒の果実はよく目立つ。葉は年中緑色である。花は春咲くが、果実は赤くなって冬まで残っている。於上県
DSC06957.jpg

【ナズナ】豆酘は暖かいせいか、色々な植物の花が咲いている。写真はナズナであるが、対馬には他にマメグンバイナスナがある。ナズナの果実は三角形であるが、マメグンバイナズナは丸い。ナズナの方が少なく、探すのが難しいようだ。
DSC07032.jpg

【ホトケノザ】花の付け根の葉が仏像を置く台座に似てることからこの名が付く。花は小さいほど拡大するときれいであるが、この花はそんなに小さくないがきれいである。
DSC07037.jpg
  1. 2009/02/17(火) 00:01:49|
  2. 植物
  3. | コメント:0

タチツボスミレ

【タチツボスミレ】そろそろすみれの時期だ。日当たりのよいところではよく見かけるようになった。
さて、アオイスミレを御嶽周辺で幾度も探しているが、全然みあたらない。今年こそは意気込んでいるが・・。
タチツボ09911
  1. 2009/02/13(金) 19:39:27|
  2. すみれ
  3. | コメント:0

豆酘崎

 【ノイバラ】豆酘崎に行ってみた。ここは暖かいからなのであろうか、ノイバラの果実はまだ青い。山中では真っ赤になって数も少ない。
ノイバラ09958

 【ネナシカズラ】果実は初めて確認した。軽くもむとふたが取れて、ちょうちん状の容器になり中に数個の種子が入っている。これらを作る養分はみな他の植物からとっている。
ネナシカズラ09948

【ヤシャブシ】豆酘崎の道路沿いに生えている。昨年度の果実と雄花序が同時に付いている。
枝の先端は少し粘りけのある雄花序がつき、その下に鱗片で覆われた雌花序が付く。また、ヤシャブシの樹皮ははがれやすいので見分けやすい。
ヤシャブシ09989

DSC09939.jpg

ヤシャブシ09994

比較するために、他2種のヤシャブシ類を載せてみる。いずれも昨年の3月撮影したものである。
【オオバヤシャブシ】島山、小浦で見つけた。枝先は葉、雌花、雄花の順で付くのが一番大きな特徴。
オオバヤシャブシ07017
オオバヤシャブシ07027

 【ヒメヤシャブシ】上見坂を登る道脇に生えている。雄花は垂れ下がり、果実は数個が固まってぶら下がる。葉の鋸歯は片側20個を越える。ヤシャブシは太平洋型、ヒメヤシャブシは日本海側といわれているが、対馬には両方あることになる。
ヒメヤシャブシ07320
ヒメヤシャブシ07327
  1. 2009/02/13(金) 19:14:47|
  2. 植物
  3. | コメント:0

カエルの卵

 御嶽の麓で見つけたカエルの卵。林道のたまり水に産卵にしており、今頃とはびっくりである。何というカエルか。誰か教えてください。
DSC09885.jpg
  1. 2009/02/01(日) 22:14:49|
  2. 動物
  3. | コメント:0

ヤブツバキ

  形のいいツバキを見つけたので、撮ってきた。花冠が開き、少し波打っている。
DSC09867.jpg

  山中にはいると、キッコウハグマの種子を見つけた。感度を上げたため画像が悪い。
kikkou09877.jpg

 今日の目的はアオイスミレの探索であったが、何の気配も探ることができなかった。もっとも時期的に早いのであるが・・・。そこで帰宅途中豊玉町に寄り、オオタチツボスミレを見に行った。そこは道路沿いで、イノシシが自生地の土手を荒らしてくれてほとんど壊滅状態であった。しかしどうにか1株だけ残っており少しほっとした。2月中旬には花が咲くはずだ。 

DSC09891.jpg
  1. 2009/02/01(日) 22:07:36|
  2. 植物
  3. | コメント:0

プロフィール

komikomi

Author:komikomi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。